グルコサミンは何故必要なの?

ロゴ
トップページ
<効率的にグルコサミンを身体に取り入れる>
テレビのコマーシャルや広告などで馴染みのあるグルコサミンですが、まだ飲んだことがない方にとっては、本当に効果があるのかどうか疑問に思っていらっしゃる方もいることでしょう。 そもそもグルコサミンとは何でしょうか。 グルコサミンは、身体の軟骨やじんたい、爪などの部分を形成するのに必要な成分です。 通常、グルコサミンは体内で生成されることができるグルコースとグルタミン酸なのですが、それが何故サプリメントとしてわざわざ飲まなければならない理由があるのでしょうか。 その理由は、二十歳をピークにして、体内で生産することができるグルコサミン量が減少してしまうからなのです。 二十歳を100%とすると、四十代では50%に半減し、さらに六十代では25%に半減してしまうのです。 これはどういうことになるのかといえば、軟骨成分であるコンドロイチンやヒアルロン酸が作られなくなってしまうため、身体を動かすたびに軟骨細胞が擦り減ってしまうという事態になってしまいます。 これにより四十代を過ぎたころから、身体を動かすたびに関節部分に痛みを伴います。 効率的にグルコサミンを身体に取り入れるには、やはり毎日適量をサプリメントで摂取するのが一番の方法でしょう。 グルコサミンのランキングを見ると錠剤タイプのものやラムネ菓子のように噛んで食べるもの、ドリンクで手軽に摂取できるものなど、いろいろな製品があります。 上手に摂取することで、加齢による関節痛とうまく付き合うことができるでしょう。

<グルコサミンのサプリメントがオススメです>
年を取るとひざ痛で悩む人が増えてきます。 ひざが痛むようになると階段の昇り降りが苦痛になり、外に出歩くことも億劫になりますので、運動不足になり、症状が悪化すると手術をして人工関節を取り付けることが必要になります。 加齢によるひざ痛の原因は、ひざの軟骨が劣化することにより、軟骨がひざのクッション材としての機能を果たせなくなってしまい、ひざを動かす度に激痛が走ります。 グルコサミンは軟骨の構成成分の一つで、加齢により減少したグルコサミンを補うことにより、軟骨は再生し、ひざのクッション材としての機能を再び回復します。 グルコサミンは、エビの殻やカニの甲羅に豊富に含まれていますので、これらの食品を摂取すると不足したグルコサミンを補うことができますが、必要量を補うためには、グルコサミンを含んだ食物を大量に摂取することが必要になり、現実的には大変困難なことです。 グルコサミンはサプリメントとしても販売しており、不足したグルコサミンを簡単に補うことができ、軟骨の再生につなげることができます。 グルコサミンは単体でも十分な効果が期待できますが、コンドロイチンやコエンザイムQ10と一緒に摂取すると、相乗効果により、軟骨の健康と促進に大きく貢献をします。 グルコサミンサプリには、コンドロイチンやコエンザイムQ10などの軟骨成分を含有しているサプリメントも多く、より高い軟骨の再生の効果を期待することができ、ひざ痛の改善に貢献します。



Copyright(c) グルコサミンは何故必要なの?. All right reserved.